iMacの起動ディスク

あるとき、ふっと「遅い。。。27inが欲しい。。。」と心の底から思うんですよね。

なので「買いたい!」と叫んでみるわけだが、こないだはM氏と夫とのダブルで「SSDにしてみたら」攻撃を受けた。
そりゃー、その方が安価ではあるけれども…。
まぁ、それでもいいのかもしれないけれども…。

P4100006じゃあ、それでいってみるか、とAmazonのタイムセールを狙って、512GBのSSDを買ってみた。

が。
スタートからして、すんなりいかず。。。
移行に3日ほどかかってしまった。
たぶん、TimeMachineがおかしかったんだと思う。

その時点で、すっかりやる気が失せてるのに、ベンチマークを取ってみても、READ/WRITEともに50MB/s程度しか出てない。

変換アダプタをかましてFirewire⇄Thunderbolt接続してたので、もしかして、そこのボトルネックとか? と思い、USB3でも繋いでみたけど変わらず。

どういうこと?

けれども、iMacの動き自体は体感で少しだけ速くなってて。
シークタイムがないからかな…程度には恩恵を受けていた。

で、使い続けて、半月ほど。
さすがにSSDでこの速度ってありえなくない? と落ち着いて手を出そうかと思い始める。

まずは、システムを上書きインストールしようかと思ったけど、もしかして、初期不良なんじゃん?
とう思いに囚われ、Transcendに「速度ってこんなもんですか?」とメールを送ってみることにした。

送りながら、初期不良としたらそれなりの立証をせねばなるまい…。
USBでの接続はやってみたから、次はケースか。なんてケースだっけ? と写真を見てみて驚いた。

SSDでのご使用については、動作保証外です。

え…? あれっ? こんなシール、貼ってあったっけ?

SSDが嬉しくて、ケースをあまり見てなかったのか?
けど、たぶん、「動作保証外」とあっても、接続してセッティングできて稼働してるんだから、保証はされてないけど動くのね、くらいに認識したんだと思う。

こりゃー…。

速攻でケースを買う。Transcendの。
Untitledしたら、この通りですよ…。
すみません、Transcendのサポートの人…。
すごく丁寧な回答メールを送ってくれたけど、ケース1発でしたよ。

どうにもUSBというものに信頼を置いてないんだけど、これだけ出るのなら、そっちを採るでしょ…。

で、それまで起動ディスクに使っていた2TBのHDDには、homeをそのまま置くようにして、シンボリックリンク張りまくり。
これで、システムに不具合が起きたとして、そこだけの取り替えで済むだろう、という魂胆。

よーし。これで、しばらくだいじょうぶ。かな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です