iMacの不調

MBPが壊れたときに「少なくとも、デスクトップならノートほど不調にはならないでしょ」と、あまり調べず、突発的に最安値の店@アキバまで買いに行ったiMac。

帰るなり、メモリの換装ができないコトが判明。
げげえぇーっ。(→判る人のみクッキー風で)

けど、ノートよりは画面も広いし、それなりに安定して動いてくれていたのだけど。
ここ最近の不調ぶりは目に余ります。

Finderが悪いのか、アプリが悪いのか、やっぱり結局メモリが足りないのか。
ネットで対処法を調べて実践したり、ともかくアクティビティモニタを睨みつけたり。

で、夫が「これやってみて」と指示してきたのが、HDDの速度を計るアプリ

DiskSpeedTest結果は、なんと、見ての通り!

動いてません!
ほぼ、動いてませんよ!

ちなみに、MBPでやったら、WRITE:50、READ40。
夫のiMacは、WRITE:60くらい、READ:80くらい、と言ってたし。
どのくらい遅いか、判るというものです。

MBAなんて、WRITE:209、READ:520でメータを振り切ってました。恐るべし、SSD。

ので、HDDを買うか、Firewire⇄Thunderboltのケーブルを買うかなんかして、起動ディスクを別のものにしてみることにします。

あと、MBPも前に見た記事の通り、SSDにしちゃおうかなぁ…とか画策中。

ここで時間を取られても、早くなれば作業効率はあがるからね。
督促も入ってるし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です