環境整備 その5:入力編

切り替わり、iMacにMBPの画面が出るようになったワケだ。よしよし。

画面の設定は多少必要。

「メニューバーが半透明」なのは、デュアルディスプレイでメニューバーの位置がMBPの方に残っていたから。
ここは「ミラーリング」で。

よしよしよし。
完璧だーっ! とさっそくメールを書こうとしたら。
あれ? 入力できないよ?
なんで? なんで?

[こたえ]入力装置は2つ必要です

MBPの入力装置としてキーボードなりマウスなりをつながないといけないワケだ。
さて。困ったぞ。

現状、わたしが使っているのは、USBのテンキー付きUSキーボードとトラックバッド。
トラックパッドはBluethoothだから切り替えれば接続できるとして。
キーボードはどうしたものか…って、やっぱり切替器を用意するんでしょうなぁ…。

ということで、またもいつものお店にUSB切替器を注文。
(1日1個ずつアイテムをゲットして、ちまちまと進んでく感じが、なんともいい感じだなぁ…。)

届いて、接続したらOK!

が。今度は、トラックパッドが………。
Bluethoothの接続切替が、ちょーめんどくさい。
ココロの底から、めんどくさい。

「接続解除」してしまうと、再度「接続」するためにポインティングデバイスがいるのよね…。
どうしたもんか。

で、さんざん悩んだ結果。
iMacについてきてたけど使ってないBluethoothのマウスがあったので、それを使うことにした。
マウスを使う場所がないんだけど、トラックパッドの上で無理やり。。。
シビアな動きは求められないから、だいじょうぶでしょ、きっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です