環境整備 その1:役割分担

いま使っているiMacは、MacBook Proのビデオボードがおかしくなったときに、とっさに買ったもので。
調べずに買ったので、メモリが増設できないことも知らなかった。

CPUの速度はそんなに必要としないんだけど、やっぱりメモリは必要なのよね…。
ほんと、「iMacのメモリが増えないワケはない」という思い込みで、前調査もナシにイキオイで買うもんじゃありませんなぁ…。
お仕事の道具なのに。
デザイナーというのはおこがましいが、それでも、IllustratorとPhotoshopの同時立上げが珍しい仕事でもなく。
(逆に、ヘタするとそこにDreamweaverやFireworksといったアタリまで、うっかり立ち上げてしまうコトもアリ。)

iMac 27inを買ってしまいたいなぁ…と思いはするものの、使えるものがあるのに買うのは気が引けるし。
よし! ココは持っている資産は有効に使おうじゃないか! と役割分担をするコトにした。

だいたい、いつも立ち上がっているのは、
・mailer(Postbox)
・Twitter
・メッセージ
・LINE
・FTPクライアント(Transmit)
・デザインするなにか(だいたいIllustrator&Photoshop)
・資料を作るなにか(PagesかExcelあたり)

これを、前者4つのメッセージ系と、後者3つの制作系に分けて。
前者をMacBook Pro(2011 Early)、後者をiMac(Late 2013)にやってもらうことにする。

で、並べてみたが。
なんたって、場所が狭いもので…。

けど、アクティビティモニタでみてる限りは、効果があるように思える。
(そりゃ、立ち上げてるアプリが絶対的に減ってるんだから。効果あるだろうさ。)

よし、これで様子をみてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です